愛するペットを亡くしたら|大事な愛犬の健康はサプリで管理|長く生きてもらう為の情報
ドッグ

大事な愛犬の健康はサプリで管理|長く生きてもらう為の情報

このエントリーをはてなブックマークに追加

愛するペットを亡くしたら

骨壺

家族同様に火葬する

ペットを飼っている人は、ペットが亡くなってしまったときも家族同様にお別れがしたい、と考えることが多いです。近年は、ペット火葬、ペット葬儀を利用する人が増加しています。通常地方自治体にペットの遺体の引き取りをお願いすると、自治体によっては有料ゴミとして扱われることがあります。ペット火葬の特徴は、火葬施設で遺体を焼却してもらうことができ、民間業者によるペット火葬場合は火葬に立ち会ったり、骨上げが行えることもあります。また、他のペットと一緒に行われる合同葬、火葬に立ち会うことはできないけれども、個別に火葬され、骨を納骨堂に収めてもらえる一任個別火葬、自宅の駐車場や近所に火葬車を呼んで火葬する、訪問火葬などのサービスが選べることがあります。

サービス内容をチェック

このように、ペット火葬といっても、民間業者によってサービス内容が異なります。もちろん火葬内容やペットの種類、大きさによっても料金体系も違ってきます。ペットが亡くなったとき、どのようにお別れしたいか、立ち合いが希望か、遺骨を手元に置きたいか、ペット用の霊園などに納めたいかなど、よくサービス内容や自分の希望を照らし合わせて依頼するようにしましょう。また、火葬を行う場合、人間の火葬と同じようにペットの遺体と一緒に他のものと火葬できる場合があります。プラスチックや金属類などは骨の変色、付着の原因になるので、火葬できない物品もあるので、葬儀社とよく相談しておく必要があります。いざというときのために、近くの業者をチェックしておくのもおすすめです。